読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人アスペルガーの診断方法

大人になってアスペルガー症候群だと気づいたら……。診断方法や向き合い方などをまとめていきます。

アスペルガー症候群が治療できる病院は?

アスペルガー症候群が治療できる病院

アスペルガー症候群を治療したいという方は、

病院に行ってみようかなと思っているはずです。

 

アスペルガー症候群を治療するときは、

どの病院を選んだら良いのでしょうか。

 

子供の場合と大人の場合、

それぞれどの病院で治療できるのかをご紹介します。

 

アスペルガー症候群が治療できる病院

 

子供のアスペルガー症候群の治療病院の見つけ方

子供のアスペルガー症候群を治療したいときは、

自治体の保健センターや児童相談所

行ってみると良いでしょう。

 

また、かかりつけの病院である小児科に

相談してみるのもおすすめです。

 

もし気になる症状が見つかれば専門病院である、

・小児精神科

・神経科

・児童精神科

・大学病院の発達外来

・個人の発達クリニック

などを紹介してもらえます。

 

もちろん、直接病院に行ってみても良いので、

子供に気になる様子があるときは

アスペルガー症候群の診断や

治療できるかなどを相談してみてください。

 

大人のアスペルガー症候群の治療病院の見つけ方

 大人のアスペルガー症候群を治療したいときは、

自治体の発達障害者支援センターで相談できます。

 

大人になると病院に行こうか

悩んでしまう場合があります。

 

発達障害者支援センターは病院の紹介や

生活のアドバイスなどもしてくれるので、

活用しやすいサポートセンターです。

 

直接病院に行きたいときは、

・大学病院などの精神科

発達障害外来

などで診てもらえます。

 

ただ、大人のアスペルガーの診断・治療は

行っていない病院のあるので、

必ず事前に確認を取るようにしてくださいね。

 

アスペルガー症候群は病院でも治らない

f:id:uritted:20170309085022j:plain

 

今のところ、

アスペルガー症候群の直接的な治療方法は

見つかっていないと言われています。

 

そのため、病院に行ったから治る!

というわけではないことも

知っておく必要があるでしょう。

 

ただ、専門機関や周囲のサポートにより、

アスペルガー症候群は改善できると言われています。 

 

もし、自分や家族のアスペルガー症候群

治療したいと思っている方は、

病院で診断をしてもらい

改善方法を取り入れていってみてください。

 

病院を活用するときは

事前に予約が必要になる場合があるので、

問い合わせをしてみてくださいね。

 

 

アスペルガー症候群の対応方法。子供に特徴が見られた場合は

アスペルガー症候群の対応について

アスペルガー症候群発達障害である

自閉症スペクトラムの中のひとつです。

 

アスペルガー症候群は主に

・コミュニケーションの障害

・想像力の障害

・興味の障害

を持つと言われています。

 

このアスペルガー症候群の特徴が子供に見られた場合は

どのように対応していけば良いのでしょうか。

 

特徴と対応方法を合わせてご紹介します。

 

子供のアスペルガー症候群の特徴と対応方法

 

子供のアスペルガー症候群の特徴

子供のアスペルガー症候群の特徴は、

次の内容が挙げられます。

 

【赤ちゃん期】

・抱っこしても目が合わない

・ひとりで長時間静かにしている

・長時間ひとりで遊ぶことができる

・親や他人に笑いかけることが少ない

・喜怒哀楽の感情表現が少ない

 

【幼児期】

・人と接しているときに感情が伴っていない

・予測のできない突発的な行動が多い

・自分から人に話しかけることが少ない

・コミュニケーションを取る力が低い

・会話に違和感を感じられる

・言葉が直接的で曖昧な表現をしない

 

子供のアスペルガー症候群の対応方法

子供がアスペルガー症候群だった場合、

育児において激しい育てにくさを感じたり、

子供が社会に出て苦しむことになってしまいます。

 

子供のアスペルガー症候群を改善するためには、

次の対応方法を取り入れると良いと言われています。

 

1. 指示は1つずつ丁寧に伝える

 

子供に何かして欲しいことがある場合、

複数の指示を同時に伝えてはいけません。

 

手を洗って服を着替えて欲しいときは、

・手を洗って

・上着を脱いで

・ズボンを脱いで

・Tシャツを着て

・ズボンをはいて

などひとつひとつ丁寧に伝えることで対応できます。

 

2. 視覚的に伝える

 

アスペルガー症候群は視覚的に優れている人と

非視覚的な人がいます。

 

口で伝えても理解が難しい子供は、

視覚を利用し見ましょう。

 

イラストにする、文字で紙に書くなど

目で確認することで理解できる場合があります。

 

3. できないことは言わない

 

障害があっても努力をするとできるようになるはずだと

思ってしまう親は多いようです。

 

ただ、障害のためにできないことは必ず生じます。

 

もしできないことがある場合は

無理に努力させようとせずに、

はじめから言わないということを

意識してみてください。

 

できないことを否定してしまった場合、

アスペルガー症候群の子どもは

とてもネガティブな感情を抱き

自分に自信がなくなってしまいます。

 

 

子供にアスペルガー症候群が見られたときは

f:id:uritted:20170308174702j:plain

 

子供がアスペルガー症候群の場合は、

子供がスムーズに行動できるように

対応策を取り入れていくことが大切です。

 

アスペルガー症候群の特徴を理解して

対応方法を実践することで、

子供の育てにくさを解消できます。

 

アスペルガー症候群は先天性の

脳の機能障害が原因と言われています。

 

家庭環境や子供の性格によって

引き起っているわけではありません。

 

大人が症状を理解することで

子供は生活しやすくなるので、

ぜひ日常に対応方法を取り入れてみてください。

 

 

 

アスペルガー症候群の仕事での対応方法。大人社会は生きづらい

アスペルガー症候群の対応について

アスペルガー症候群は大人になって

とても生活が難しくなる発達障害です。

 

特に社会に出て仕事をはじめると、

その生きづらさが激しく現れるようになります。

 

・複雑な人間関係のもとで生活をしなければならない

・予定外の業務に対応しなければならない

・先を予測した行動が求められる

 

など困りごとはたくさん発生してしまいます。

 

大人のアスペルガー症候群の方が身につけたい

仕事での対応方法をまとめてみました。

 

大人のアスペルガー症候群の仕事対応方法

 

周囲とのコミュニケーションが取れないとき

大人のアスペルガー症候群の方は、

職場で周囲とのコミュニケーションが取れないことで

孤立をしてしまう場合があります。

 

人間関係の問題に対応していくためには、

自分がアスペルガー症候群であることを

カミングアウトすることで、

症状を理解してもらいやすくなります。

 

他人からの差別や自分のプライドなどもあり、

発達障害であることを告知できない方はいます。

 

ただ、職場の仲間に自分の症状を伝えておくことで、

相手も自分と関わりやすくなり、

自分も気持ちが楽になるでしょう。

 

コミュニケーションが苦手なのは

アスペルガーであるため。

 

思い切ってカミングアウトしてみては

いかがでしょうか。

 

スケジュールを管理できないとき

アスペルガー症候群

スケジュールの管理が苦手な場合があります。

 

また予定外のことがあると、

臨機応変に対応ができません。

 

これを改善するには、

計画を紙に書き出すことを取り入れてみましょう。

 

決まった計画にそって行動することが得意な

アスペルガー症候群なので、

予定外のことや多くの業務を進めるときは

やることを順番に紙に書いて1つずつ終わらせます。

 

優先順位がわからなければ、

職場の仲間に質問すると良いでしょう。

 

大人になっても質問することはとても重要です。

 

他人の意見を参考にすることで

業務がスムーズにはかどるので、

「聞く」ということも積極的に取り入れると

良いですね!

 

大人のアスペルガー症候群で仕事の対応に困ったら

f:id:uritted:20170307153213j:plain

 

大人になり仕事をしていくと、

必ず困りごとが出てきます。

 

人間関係の悩みはもちろんですが、

業務上のトラブルを抱えてしまうことは

少なくありません。

 

ただ、

・仕事ができない

・ミスが多い

・納期に遅れる

などがある場合は、

自分の信用度にも影響してしまいます。

 

そのため、仕事の対応方法に困ったときは、

アスペルガー症候群であることを告知して

周囲に助けを求めるようにしてみてください。

 

ひとりで悩みを抱えていると、

孤立してしまいうつ病などの二次障害を

引き起こしてしまいます。

 

大人になって生活しやすい環境に変えるためにも、

ぜひ改善のための取り組みを行ってみてくださいね。

 

 

 

アスペルガー症候群の対応方法とは?日常生活の困りごと

アスペルガー症候群の対応について

アスペルガー症候群

日常生活のさまざまなシーンで

困ることがたくさんあります。

 

仕事場はもちろんプライベートでも

ストレスを感じやすいアスペルガー症候群

 

日常生活での困りごととその対応方法をご紹介します。

 

アスペルガー症候群の日常問題の対応方法

 

1. 曖昧な表現が理解できない

 アスペルガー症候群

曖昧な表現に対応することが困難です。

 

「この仕事早めに終わらせて。」

「少し貸して。」

「10時くらいに集合。」

 

などと言われても、

「早めに」

「少し」

「~くらい」

などの曖昧な表現を適切に理解することができません。

 

もし、相手から言われて

理解できない内容があるときは、

具体的に教えてもらえるように

伝えてみると良いでしょう。

 

例えば、

「この仕事早めに終わらせて。」と言われたら、

 ↓

「10時までで良いですか?」

 

「少し貸して。」と言われたら、

 ↓

「何個が良いですか?」

 

「10時くらいに集合。」と言われたら、

 ↓

「10時ですね?」

 

などと相手に質問してみましょう。

 

2. 相手との距離感がつかめない

 アスペルガー症候群

相手との距離感をつかむことが苦手な場合が

多いでしょう。

 

もし、

上司や目上の人に失礼な対応をして怒られてしまう

友達に敬語を使って距離を置かれてしまった

など、対人関係でトラブルがあれば、

対応方法の改善が必要になります。

 

相手との距離感がつかめないときは、

年上の人には基本的に敬語を使う良いですね。

 

また、何度も会う友人には敬語を避けて、

相手と同じ口調で会話をするようにしましょう。

 

この2つのポイントを取り入れるだけで、

ずっと他人との対応が改善できます。

 

3. 予定変更に対応できない

予定外のできごとが起こると思考がストップしてしまう

アスペルガー症候群の方は多いのではないでしょうか。

 

予定変更に対応できないという方は、

いくつかの予定をあらかじめ考え

パターン化をしておきましょう。

 

・いつも通ている道が工事で使えなかった

・いつも使っているものが手元にない

・時間に遅れてしまった

 

など予定外のできごとは日常の中で発生します。

 

その都度トラブルを解消することが難しい場合は、

あらかじめテンプレートを作ることで

パニックになることを防げます。

 

パターン化でアスペルガー症候群に対応

f:id:uritted:20170306175027j:plain

 

アスペルガー症候群で日常生活の困りごとを

解消したいときは、

パターン化を取り入れると良いですね。

 

・曖昧な表現をされたときの対応方法

・人との距離感がわからないときの対応方法

・予定外のことが起きたときの対応方法

 

これらは全てマニュアルを作り、

パターン化ができます。

 

計画にそって行動することが得意という

アスペルガー症候群方は多いはず。

 

日常生活でのパニックを防ぐために、

パターン化対応法を取り入れてみてください。

 

 

 

アスペルガー症候群を軽減する薬とは?

アスペルガー症候群の治療法

アスペルガー症候群の症状を軽減したいときは、

薬物療法を取りいられる場合があります。

 

アスペルガー症候群の方は発達障害により、

・強いストレスを感じる

・感情のコントロールが苦手

うつ病

睡眠障害

・強迫障害

などの症状を引き起こすこともあります。

 

これらの症状を軽減させるためには、

専門医のもとで適切な治療を行い

薬を取り入れて生活の負担を

少なくする必要があります。

 

アスペルガー症候群の薬の役割

 

アスペルガー症候群は脳の機能障害が原因

と言われている発達障害です。

 

アスペルガー症候群に直接効く薬は

今のところ開発されていないので、

薬物療法を取り入れたからと言って

完全に治るというわけではないようです。

 

そのため、

アスペルガー症候群で薬を用いられる場合は、

精神的・肉体的な症状を軽減させたり、

二次障害を防ぐ場合に用いられる

という役割を持ちます。

 

アスペルガー症候群自体は治せませんが、

そこから引き起こされる症状は薬によって

軽減・緩和ができます。

 

・気分の落ち込みが激しい

・感情のコントロールが困難

という方は、専門機関で薬を処方してもらっては

いかがでしょうか。

 

アスペルガー症候群を軽減する薬の種類

f:id:uritted:20170306111130j:plain

 

アスペルガー症候群で処方してもらえる薬には、

次のような種類があります。 

 

1. 抗うつ薬

抗うつ剤」はアスペルガー症候群

二次障害で多く見られる、

うつ病で用いられる薬です。

 

抗うつ剤は、

・気分の落ち込みを軽減させる

・不眠を解消させる

などのときに使われます。

 

よく用いられる薬の種類はSSRIと呼ばれるもので、

発達障害の全般で使われているそうですよ。

 

2. 気分安定薬

 アスペルガー症候群の方は

感情のコントロールが困難なために、

気分安定薬」を用いられる場合があります。

 

気分安定薬は、

・興奮状態の緩和

・パニック症状の軽減

・不機嫌な状態を防ぐ

などのときに使われます。

 

イライラが抑えられない、

急に泣いてしまうなどの

感情を安定させることで 、

生活のリズムを整えられます。

 

3. 抗精神病薬

抗精神病薬統合失調症などで用いられる薬です。

 

アスペルガー症候群でも使用され、

・興奮状態を軽減する

・攻撃性を抑えたい

などのときに取り入れられます。

 

アスペルガー症候群と二次障害

 アスペルガー症候群で薬を用いられるときは、

発達障害を治すためではなく、

二次障害を軽減させることが目的となります。

 

障害自体は治せませんが、

薬を活用することで

精神状態や体の症状を緩和し

日常を過ごしやすくできます。

 

もし、日々のストレスやつらい症状に悩んでいる方は、

専門機関で相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

アスペルガー症候群で使用される薬の種類とは?

アスペルガー症候群の治療法

・子供のころから アスペルガー症候群を抱えている

・大人になってアスペルガー症候群が発覚した

 

このような発達障害の悩みを

持っている人は少なくありません。

 

アスペルガー症候群の症状を改善するために、

専門機関に通われている方もいます。

 

これから症状改善のために

薬の治療をはじめてみたいという方のために、

薬の種類についてまとめてみました。

 

アスペルガー症候群でよく用いられる

薬物治療にはどのような種類があるのでしょうか。

 

アスペルガー症候群と薬物療養

 

 

アスペルガー症候群に使われる薬には、

いくつかの種類があります。

 

薬の役割は、

・気分の落ち込みや不安を和らげる

・不眠を防ぐ

・食欲生活を改善する

・イライラを防ぐ

などを目的とされています。

 

つまりアスペルガー症候群の特徴である、

対人関係の障害や想像力の障害、こだわりの強さ

 などを直接治すための薬ではありません。

 

薬物療法アスペルガー症候群によって

引き起こされる二次障害を防ぐために

用いられるのです。

 

専門機関で用いられる薬の種類は

次のようなものが挙げられます。

 

アスペルガー症候群で使われる薬の種類

f:id:uritted:20170301135621j:plain

 

気分安定薬

 アスペルガー症候群の方は、

気分にムラが生じることがあります。

 

・興奮

・多動

・攻撃性

・衝動性

 

これらの症状を和らげるために、

気分安定薬を用いられることがあります。

 

薬の種類は、

デパケンリーマスデグレトールなどがあり、 

 てんかんの合併症がある方は

トピナという薬が使われているようです。

 

抗精神病薬

ドーパミンの作用を抑えるときは、

抗精神病薬が用いられるようです。 

 

抗精神病薬は、

・幻覚

・妄想

・興奮

 などを抑えるときにも活用されています。

 

アスペルガー症候群だけでなく、

自閉症スペクトラム障害を持つ方に

用いられている薬だと言われています。

 

薬の種類は、リスパダールジプレキサ

エビリファイなどが挙げられます。

 

抗うつ剤

 抗うつ剤は気分の落ち込みや

不安を和らげてくれる作用を持ちます。

 

・強いこだわり

・強迫障害

・イライラや攻撃性

自傷

 

アスペルガー症候群の方が引き起こしやすい

問題改善のために用いられることがあります。

 

薬の種類は、ルボックスサインバルタ
リフレックス、レメロンなどがあるようです。

 

アスペルガー症候群の特効薬はない

アスペルガー症候群に見られる症状改善のために、

薬物療法を取り入れられることはあります。

 

ただ、アスペルガー症候群に直接効果のある薬は

ないと言われています。

 

対人関係の障害やこだわりが強すぎるために

生きずらさを感じている方は多いかもしれません。

 

特効薬はないと言われていますが、

自分に症状に合った薬を見つけて

アスペルガー症候群と上手に付き合っていく方法を

探してみてください。

 

 

 

アスペルガー症候群の治療法。発達障害を改善する方法とは

アスペルガー症候群の治療法

大人になってからアスペルガー症候群が発覚し、

その治療法を探しているという方は

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

アスペルガー症候群は、

脳の機能障害を原因とする

発達障害のひとつとされています。

 

そのため、完治することは難しいと

言われているのです。

 

ただ、完治はできなくても

症状が気にならないくらいに改善することはできる

とも言われています。

 

このアスペルガー症候群の治療法には

どのようなものがあるのかご紹介します。

 

アスペルガー症候群の治療法

 

1. 自分の症状を理解する

 アスペルガー症候群を改善・治療するためには、

まず「自分の症状を理解する」ということが

重要になります。

 

自分にはどんな障害があり、

その障害のためにどんな問題が起こっているのか

などの状況を把握することが大切です。

 

そのためには、

自分かアスペルガー症候群なのかを

きちんと診断しておくことも重要なことでしょう。

 

アスペルガー症候群には、

・傾向がある

・軽度の症状を持つ

・重度の症状を持つ

など段階もさまざまです。

 

傾向がある場合と重度の場合では、

その治療法が異なります。

 

適切な改善方法を取り入れるためには、

自分の症状をきちんと把握することが

何よりも欠かせないのです。

 

2. 薬を活用する

アスペルガー症候群の症状の治療法には、 

薬を用いた解消方法があります。

 

もちろん医薬品を取り入れる場合は、

専門機関での処方が必要になります。

 

ただ、アスペルガー症候群を対象とした

治療を適切に行ってくれる専門機関は

少ないと言われています。

 

そのため、自分の状態を改善してくれる薬が

すぐに見つからない場合もあるようです。

 

薬を活用した治療法は、

自分に合った専門医を見つけることで 

生活が大きく変わると言われているので、

医療機関選びには力を入れると良いですね。

 

3. アスペルガー改善書籍を活用する

 アスペルガー症候群の治療法でもっとも効果的と

言われているのが「改善書籍」です。

 

アスペルガー症候群の改善プログラムは、

症状の特性に合わせて毎日の生活習慣レベルから

改善の方法を教えてくれます。

 

改善書籍のメリットは、

・薬を飲まなくても良い

・病院に行く必要がない

・自分の好きな時間に取り入れられる

アスペルガーだと診断されなくても試せる

など活用のしやすさが挙げられます。

 

頼れる医療機関が見つからないときにも役立つので、

ぜひ一度試してみると良いのではないでしょうか。

 

アスペルガー症候群は治るのか?

f:id:uritted:20170228170347j:plain

 

アスペルガー症候群は治るの?

と、不安に思われる方はたくさんいます。

 

治るか治らないかで考えると、

脳の機能障害ということを前提とすると、

治すことは難しいと言えるかもしれません。

 

ただ、先ほども言ったように、

適切な治療法を取り入れることで必ず改善はします。

 

まずは諦めないことが最も大切なので、

自分にはどんな治療法があっているのか、

何をすべきなのかを考えて、

改善のための行動を起こしてみてください。