読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人アスペルガーの診断方法

大人になってアスペルガー症候群だと気づいたら……。診断方法や向き合い方などをまとめていきます。

アスペルガー症候群を診断されたらしたいこと

アスペルガー症候群診断テスト

大人になってアスペルガー症候群

診断されることもあります。

 

アスペルガー症候群はコミュニケーション能力や

対人関係に困難が生じる発達障害ですが、

改善ができないわけではないと言われています。

 

人と会話をする能力に問題がないため、

社会に出るまでアスペルガー症候群

見つからなかったという方は

実はたくさんいらっしゃいます。

 

もし大人になってアスペルガー症候群

診断されたらどのようにしたら良いのでしょうか。

 

アスペルガー症候群と診断されたら

 

大人になってアスペルガー症候群と診断されたら、

まさか自分が……。と

戸惑ってしまう方は多いようです。

 

ただ、アスペルガー症候群であっても、

障害と上手に付き合っていくことで、

生活のしやすい環境をつくれます。

 

そのためにはまず、

自分自身がその障害を把握することが大切です。

 

自分のどんな行動がアスペルガー症候群によって

・起こっているものなのか

・どんな症状があるのか

などをきちんと理解すると良いですよ。

 

アスペルガー症候群の症状は年齢や性別によっても

異なると言われています。

 

特に女性だけに見られる症状や、

男性により強く見られる症状などもあるようです。

 

そのため、

自分がアスペルガー症候群だと診断されたら、

どんな症状が障害によるものなのかを、

医師に確認してみてください。

 

アスペルガー症候群と付き合っていくために

f:id:uritted:20170213160523j:plain

 

アスペルガー症候群と診断されたら、

まずは医師選びを始めてみてください。

 

大人のアスペルガー症候群の診断を行っている

専門機関は少ないと言われているので、

医師選びは少し大変かもしれません。

 

ただ、症状を改善し、生活しやすい環境に

変えていくためには、医師の協力が

欠かせないものになります。

 

医師を選ぶときは、

・自分の話しを親身に聞いてくれる

・ポジティブな意見をくれる

・可能性を追求してくれる

などをポイントにしてみてください。

 

特に、自分の話しを一生懸命聞いてくれる、

障害を改善できるように寄り添って考えてくれる

医師を見つけることが大切です。

 

そのため、アスペルガー症候群と診断されたら、

自分の持っている特性から、

どんな解決策・対応策があるのかなど

最適なアドバイスをしてくれる医師を

探してみてください。