読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人アスペルガーの診断方法

大人になってアスペルガー症候群だと気づいたら……。診断方法や向き合い方などをまとめていきます。

アスペルガー症候群の仕事での対応方法。大人社会は生きづらい

アスペルガー症候群は大人になって

とても生活が難しくなる発達障害です。

 

特に社会に出て仕事をはじめると、

その生きづらさが激しく現れるようになります。

 

・複雑な人間関係のもとで生活をしなければならない

・予定外の業務に対応しなければならない

・先を予測した行動が求められる

 

など困りごとはたくさん発生してしまいます。

 

大人のアスペルガー症候群の方が身につけたい

仕事での対応方法をまとめてみました。

 

大人のアスペルガー症候群の仕事対応方法

 

周囲とのコミュニケーションが取れないとき

大人のアスペルガー症候群の方は、

職場で周囲とのコミュニケーションが取れないことで

孤立をしてしまう場合があります。

 

人間関係の問題に対応していくためには、

自分がアスペルガー症候群であることを

カミングアウトすることで、

症状を理解してもらいやすくなります。

 

他人からの差別や自分のプライドなどもあり、

発達障害であることを告知できない方はいます。

 

ただ、職場の仲間に自分の症状を伝えておくことで、

相手も自分と関わりやすくなり、

自分も気持ちが楽になるでしょう。

 

コミュニケーションが苦手なのは

アスペルガーであるため。

 

思い切ってカミングアウトしてみては

いかがでしょうか。

 

スケジュールを管理できないとき

アスペルガー症候群

スケジュールの管理が苦手な場合があります。

 

また予定外のことがあると、

臨機応変に対応ができません。

 

これを改善するには、

計画を紙に書き出すことを取り入れてみましょう。

 

決まった計画にそって行動することが得意な

アスペルガー症候群なので、

予定外のことや多くの業務を進めるときは

やることを順番に紙に書いて1つずつ終わらせます。

 

優先順位がわからなければ、

職場の仲間に質問すると良いでしょう。

 

大人になっても質問することはとても重要です。

 

他人の意見を参考にすることで

業務がスムーズにはかどるので、

「聞く」ということも積極的に取り入れると

良いですね!

 

大人のアスペルガー症候群で仕事の対応に困ったら

f:id:uritted:20170307153213j:plain

 

大人になり仕事をしていくと、

必ず困りごとが出てきます。

 

人間関係の悩みはもちろんですが、

業務上のトラブルを抱えてしまうことは

少なくありません。

 

ただ、

・仕事ができない

・ミスが多い

・納期に遅れる

などがある場合は、

自分の信用度にも影響してしまいます。

 

そのため、仕事の対応方法に困ったときは、

アスペルガー症候群であることを告知して

周囲に助けを求めるようにしてみてください。

 

ひとりで悩みを抱えていると、

孤立してしまいうつ病などの二次障害を

引き起こしてしまいます。

 

大人になって生活しやすい環境に変えるためにも、

ぜひ改善のための取り組みを行ってみてくださいね。