読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人アスペルガーの診断方法

大人になってアスペルガー症候群だと気づいたら……。診断方法や向き合い方などをまとめていきます。

大人の発達障害を相談できる支援センターとは

大人になって発達障害を抱えている方は

相談できる支援センターを活用してみてください。

 

発達障害者が利用できる支援センターは

全国の自治体に配置されています。

 

発達障害者支援センター」と呼ばれ、

アスペルガー症候群などの発達障害

相談できます。

 

大人の発達障害を支援センターに相談したいとき

 

支援センターに大人の発達障害を相談したいときは

お住いの自治体の福祉支援サービスがある役所に

問い合わせてみましょう。

 

支援センターの利用は本人だけでなく

発達障害者に関わる家族などの関係者が

活用できます。

 

支援センターに相談できること

支援センターに相談できることは、

発達障害者との関わり方

発達障害の症状について

医療機関の相談

・生活の困りごと

・就労支援

などを聞けます。

 

大人の発達障害者は

仕事のトラブルで悩みを抱えやすくなるので

コミュニケーションの取り方などを

相談してみるのも良いですね。

 

また、大人の発達障害者は

就職できない、仕事ができないなどの

就労問題を抱えやすくなります。

 

大人の発達障害者向けに

障害があっても就職する方法や

ハローワークの使い方なども

支援センターでサポートしてもらえるようです。

 

大人の発達障害者は支援センターを利用すべき?

f:id:uritted:20170421180721j:plain

大人の発達障害は日常に差支えがなければ

支援センターを利用しなくても大丈夫でしょう。

 

ただ、仕事を続けるのが難しい、

発達障害からうつ病などの2次障害を

引き起こしている可能性がある、

家族とコミュニケーションが取りづらい

など、生活に難しさを感じたときは

支援センターを利用してみてください。

 

支援センターで気になることを相談することで

生活のサポートをしてもらえたり、

必要であれば適切な医療機関を紹介してもらえます。

 

大人の発達障害を診てくれる専門機関は

個人で探すことが難しいと言われているので、

困ったときは自治体の発達障害支援センターに

問い合わせてみてくださいね。