読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人アスペルガーの診断方法

大人になってアスペルガー症候群だと気づいたら……。診断方法や向き合い方などをまとめていきます。

アスペルガー症候群を軽減する薬とは?

アスペルガー症候群の治療法

アスペルガー症候群の症状を軽減したいときは、

薬物療法を取りいられる場合があります。

 

アスペルガー症候群の方は発達障害により、

・強いストレスを感じる

・感情のコントロールが苦手

うつ病

睡眠障害

・強迫障害

などの症状を引き起こすこともあります。

 

これらの症状を軽減させるためには、

専門医のもとで適切な治療を行い

薬を取り入れて生活の負担を

少なくする必要があります。

 

アスペルガー症候群の薬の役割

 

アスペルガー症候群は脳の機能障害が原因

と言われている発達障害です。

 

アスペルガー症候群に直接効く薬は

今のところ開発されていないので、

薬物療法を取り入れたからと言って

完全に治るというわけではないようです。

 

そのため、

アスペルガー症候群で薬を用いられる場合は、

精神的・肉体的な症状を軽減させたり、

二次障害を防ぐ場合に用いられる

という役割を持ちます。

 

アスペルガー症候群自体は治せませんが、

そこから引き起こされる症状は薬によって

軽減・緩和ができます。

 

・気分の落ち込みが激しい

・感情のコントロールが困難

という方は、専門機関で薬を処方してもらっては

いかがでしょうか。

 

アスペルガー症候群を軽減する薬の種類

f:id:uritted:20170306111130j:plain

 

アスペルガー症候群で処方してもらえる薬には、

次のような種類があります。 

 

1. 抗うつ薬

抗うつ剤」はアスペルガー症候群

二次障害で多く見られる、

うつ病で用いられる薬です。

 

抗うつ剤は、

・気分の落ち込みを軽減させる

・不眠を解消させる

などのときに使われます。

 

よく用いられる薬の種類はSSRIと呼ばれるもので、

発達障害の全般で使われているそうですよ。

 

2. 気分安定薬

 アスペルガー症候群の方は

感情のコントロールが困難なために、

気分安定薬」を用いられる場合があります。

 

気分安定薬は、

・興奮状態の緩和

・パニック症状の軽減

・不機嫌な状態を防ぐ

などのときに使われます。

 

イライラが抑えられない、

急に泣いてしまうなどの

感情を安定させることで 、

生活のリズムを整えられます。

 

3. 抗精神病薬

抗精神病薬統合失調症などで用いられる薬です。

 

アスペルガー症候群でも使用され、

・興奮状態を軽減する

・攻撃性を抑えたい

などのときに取り入れられます。

 

アスペルガー症候群と二次障害

 アスペルガー症候群で薬を用いられるときは、

発達障害を治すためではなく、

二次障害を軽減させることが目的となります。

 

障害自体は治せませんが、

薬を活用することで

精神状態や体の症状を緩和し

日常を過ごしやすくできます。

 

もし、日々のストレスやつらい症状に悩んでいる方は、

専門機関で相談をしてみてはいかがでしょうか。